【ライドオンタイム 2年目】2話キンプリが大切な人と交わした約束とは?6人で1つの言葉にファン感激!

昨年10月、キンプリの素顔がみられると話題になったドキュメンタリー番組「ライドオンタイム」。

番組はいったん終了しましたが、今回10月より放送再開が決定。

そして、記念すべき2年目の初回密着されたのが、キンプリのメンバー達でした。

今回は、10月25日放送のライドオンタイム2話を紹介していきます!

>> キンプリファン必見! <<

キンプリ2年目の覚醒

RIDE ON TIME(ライドオンタイム)FODで独占配信中です。

※放送地域に関係なく今すぐ見れます。

ミキ
普段見れないキンプリメンバーの舞台裏がたっぷり収録されてるよ!

FODへの登録は無料!1ヶ月間以内に解約すればお金はかかりません♪

>>FODでRIDE ON TIMEを無料視聴してみる!

ルリ
RIDE ON TIMEはFOD独占配信。FOD以外では見られないので注意してください。

FODって何?という方は

こちらでわかりやすく説明しています↓

=>FODって何?

 

登録手順が不安な方はこちらから↓

4タップで完了!FODの登録手順!

解約方法も簡単!1分でできます↓

FODの解約方法を紹介!

 



キンプリ2年目の想いとは?

 

デビューから駆け足で駆け抜けてきたキンプリのメンバー達。

 

自分にしかない何かを探し、大切な人と交わした約束を守るため6人は走り続けます。

 

 

6月、新たなツアーに向け、準備が始まりました。

 

衣装も細かいところまで自分たちの意見を取り入れていく今回のツアー。

 

 

積極的に発言していく中、メンバーを取りまとめていたのは、キンプリのまとめ役・神宮寺勇太さん。

 

 

ステージの演出にも携わっているメンバーなのです。

 

この日は、神宮寺勇太さん、岸優太さん、永瀬廉さんでのユニット曲「Letter」についても話し合いが行われました。

 

 

いつも応援してくれるファンへの恩返しだというこの曲。

 

「アニメーションも取り入れたい」と積極的な発言をする姿に、成長を感じました。

 

まとめ役、といえば、前回のライドオンタイムでも、岸優太さんが休憩を取り入れずに練習を続けていたとき・・・

 

 

さっと、休憩に導いていて、すごくかっこいい!という印象を受けました。

 

神宮寺勇太さんの存在のおかげで、わいわい楽しいキンプリに、いい意味での緊張感が交わってくるのだと思います。

 

そんな神宮寺勇太さん、ラジオ局でのお仕事もこなします。

 

 

台本には組み込まれていない突然のお知らせも、明るく楽しく読み上げていきます。

 

 

彼がここまでの宣伝活動をするのには、ジャニーさんから言われた言葉が胸に刺さっているからという理由がありました。

 

 

「CDを出すということは、この先数字と戦っていかなければいけない。」

 

「デビューしたら、一番後輩になって、数字に追われていく人生になっちゃうんだけど、いいの?」

 

こう言われたのだといいます。

 

それでも、その人生を歩みたいと自ら切符を握ったのは、神宮寺勇太さん本人。

 

ジャニーズ魂を見せつけていきたいという姿に、更に応援していきたくなりました。

「6人で1つ」待ち続けるメンバーの気持ち

永瀬廉さんは、自身の冠コーナーを持つラジオ番組の収録をしていました。

 

中心的な役割を持つ永瀬廉さんにとって、ラジオというお仕事はスキルを磨くのに最適なのです。

 

 

素が出すぎてしまい、ぎりぎりアウト?な、発言もww

 

飾らない姿が好印象でした。

 

グループに貢献するという姿勢も大事ですよね!

 

その思いは、コンサートのオープニングで流れる演出にもしっかりと込められていました。

 

 

5人が囲むのは。まだつぼみのピンクの花。

 

 

このピンクが示すのは、現在 病気療養中の岩橋玄樹さん。

 

姿はなくとも、キンプリは6人である、ということを常にファンと分かち合うのでした。

 

岩橋玄樹さんのファンがコンサートに来ても、温かい気持ちで過ごせる。

 

そんなメンバー愛に溢れた素晴らしいグループ、それがキンプリなのです。

【スポンサードリンク】

キンプリコンサートの演出に大物登場!

ハードなコンサートの練習の中、映画の撮影も同時進行で行っていたのは、センターポジションに立つ平野紫耀さん。

 

この日、平野紫耀さんに異変が。

 

 

足を痛めているようでした。

 

 

痛みが増してきたのか。もはや心ここにあらず、状態。

 

それでもやるしかないと、自分自身を奮起させます。

 

足の痛みは、平野紫耀さんが懸命に自分の人生と向き合ってきた証なのです。

 

 

幼いころからダンスの練習で痛めた足。

 

骨が削れてしまって、半月板が損傷してしまっていたのでした。

 

 

それでも、我々ファンにかっこいいところを見せたい!

 

その一心で、今日も彼は踊り続けるのです。

 

 

 

とうとう始まる、キンプリのセカンドコンサートツアー。

 

初日の前日、全体を通りリハーサルが行われていました。

 

 

1年前、デビューした頃に立った思い出の舞台に再び立つ。

 

メンバーのアイディアで生まれた演出にも目を輝かせていました。

 

順調にリハーサルは行われていきましたが、緊張が走る場面が。

 

 

 

嵐・松本潤さん。

 

 

キンプリメンバーから依頼を受け、一部の演出で監督を務めてくれたのです。

 

神は細部に宿る、その言葉のごとく、細かいところまで入念にチェックが入りました。

 

 

こうして想いが受け継がれていくのです。

 

そして、いよいよ始まった2年目のコンサートツアー。

 

 

本番前も、去年の面持ちとは全く違うリラックスしたメンバーの素顔をみることができました。

 

アイディア満載、ファンが飽きることなく楽しむコンサートが無事に行われました!

 

父のように大事な存在のジャニーさんに送る歌も・・・。

 

 

届けたい思い。

 

その思いがある限り、彼らは歌い、自分たちの足で力強く歩いていくのです。

 

まとめ

今回は10月25日放送のライドオンタイム2話についてまとめてみました。

 

現在病気療養中の岩橋玄樹さんのことも、いつも頭の片隅に、ファンのために頑張ってくれている姿がとてもかっこよくて、ますます応援していきたくなりましたね。

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます!

【スポンサードリンク】