マリウス葉出演のオススメドラマ・映画ランキング!役柄と見どころを徹底紹介!

人気アイドルグループ・セクシーゾーンの最年少メンバー、マリウス葉さんはどんなドラマや映画に出演してきたのでしょうか。

今回は、マリウス葉さん出演のドラマ・映画のおすすめ作品のベスト3をランキングで発表したいと思います。

これを読んで、ぜひお気に入りの一作品を見つけてみてください♪

【スポンサードリンク】


マリウス葉のおすすめドラマ・映画 第3位「吾輩の部屋である」(第7話)

マリウス葉出演のオススメドラマ・映画ランキング!役柄と見どころを徹底紹介!

引用:https://www.bing.com

第3位は、同じセクシーゾーンのメンバーの菊池風磨さんが主演を務めたドラマ「吾輩の部屋である」です。

マリウス葉さんは、このドラマの第7話に出演したのですが、その出演方法がかなり独特で面白いのです!

というのも、マリウス葉さんは声のみの出演。

そのシーンはこちら!

なんと洋(葉)式トイレの役なのです(笑)

菊池風磨さんが「マリウスは洋式トイレが似合う」と抜擢し、洋式トイレ役に。

他の回では、他のセクシーゾーンメンバーも出演しているので、気になった方はぜひ見てみてくださいね♪

【スポンサードリンク】


マリウス葉のおすすめドラマ・映画 第2位「コドモ警察」

マリウス葉出演のオススメドラマ・映画ランキング!役柄と見どころを徹底紹介!

引用:https://www.bing.com

第2位は2012年4月~にドラマ放送していた「コドモ警察」

2013年3月には、映画化もされています。

「犯人を捜しつつ、カブト虫も捜してる。こんな映画は事件だぜ!」

横浜を拠点に様々な犯罪を仲介する組織レッドヴィーナス。

鈴木福くん演じる大沼茂率いる、特殊捜査課のエリート刑事たちは、罠にかかって特殊ガスを吸わされ、あろうことか全員子供になってしまったのです。

子供の姿になってしまった刑事たちは無事に事件を解決することは出来るのか、また、コドモ刑事たちは大人に戻ることはできるのか!

これまでにない新しいドラマ&映画ですよね。

コドモ警察で、マリウス葉さんは、本庁に勤務しているキャリア刑事の間聖四郎を演じています。

捜査に人情を挟まない冷徹人間。

特殊捜査課にさっそうとやってきて、用件のみを伝えて去っていくのです。

そのため、他のメンバーからは少し煙たがられているのですが、実は裏では特殊捜査課のために尽力している一面もある、といった役どころ。

そのギャップが見どころとなっています。

まだ小学生のマリウス葉さんの可愛さも堪能できますよ!

子役もたくさん出演しているので、観ていてすごく癒されます~♪

【スポンサードリンク】


マリウス葉のおすすめドラマ・映画 第1位「コドモ警視」

マリウス葉出演のオススメドラマ・映画ランキング!役柄と見どころを徹底紹介!

引用:https://www.bing.com

第1位はマリウス葉さんが主演のドラマ「コドモ警視」

2013年1月~放送されていました。

コドモ警視は、コドモ警察のスピンオフドラマになっていて、こちらはマリウス葉さんが主演を務めているのです。

「見た目は小学生。しかし、正体は警視庁のキャリア捜査官。

頭脳明晰なエリート警視が学校で起こる些細な事件をわざわざ華麗に解き明かす!」

悪の組織レッドヴィーナスの罠にかかり、特殊ガスを吸って、子供の姿にさせられてしまったエリート警視の間聖四郎(マリウス葉)。

本庁勤務と小学生という二足の草鞋を履き、奮闘していくのです。

日本人離れした端麗な容姿にクラスではモテモテかと思いきや、大人の中身が邪魔するのか、ちょっと変わり者扱い・・・。

そんな中、校内で事件が発生するのです。

ダメ担任が

「お前なら簡単に事件を解決できるだろ?やらないとお前の正体をバラすぞ!!」と言いました。

聖四郎は悩んだ挙句、やがて口を開くとこう言いました。

「この事件、私がわざわざ解決してあげましょう!!」

ハーフのマリウス葉さんが演じる聖四郎は、容姿端麗なのに、くせのある大人の性格がはいってきちゃって、くせ者になってしまう所が面白い!!

ドラマ中では、マリウス葉さんのドイツ語も聞けちゃう!

また、セクシーゾーンの可愛らしい曲「スキすぎて」が主題歌ということで、エンディングにはきゅんきゅんすること間違いなしです!

可愛くて、容姿端麗なマリウス葉さんを見たい方はぜひ、コドモ警視を見てください!

【スポンサードリンク】


まとめ

今回はマリウス葉さん出演のおすすめドラマ・映画について紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

・第3位「吾輩の部屋である」(第7話)

・第2位「コドモ警察」

・結論3「コドモ警視」

最後まで読んでいただきありがとうございます。

【スポンサードリンク】