桐山照史の高校・大学と偏差値は?学生時代のエピソードやデビュー秘話も!

関西出身のメンバーによって構成された人気アイドルグループ・ジャニーズWEST

その一員である桐山照史さんは、関西ジャニーズJr.時代から数々のドラマや映画、舞台に出演し、幅広い世代から人気を博していました。

ジャニーズWESTとしてデビューしてからは朝ドラや舞台だけではなく、ヒルナンデスの木曜レギュラーとしてバラエティー番組でも活躍しており、期待の若手ジャニーズの一人です。

そんな多才な桐山照史さんの学生時代からジャニーズ事務所への入所、そして長い下積み時代を経てデビューまでの道のりを見ていきましょう。



【スポンサードリンク】


桐山照史の基本プロフィール

引用:http://iam-publicidad.org/articl

名前 桐山 照史(きりやま あきと)
本名 (同上)
職業 アイドル
生年月日 1989年8月31日(29歳)
出身地 大阪府東大阪市
身長 173cm
体重 70kg
所属 ジャニーズ事務所
最終学歴 大阪産業大学
趣味 ダイエット(?)、釣り、スキューバダイビング、DIY

桐山照史さんは1989年8月31日生まれで、現在は29歳です。

公式プロフィールには載っていませんが、身長は173cm、体重は70㎏であることを本人が発言しています。

桐山照史さんは関西ジャニーズJr.に入った頃は細身の体型でしたが、成長と共に徐々に体格が良くなり、デビュー時には既に「親方」「ぽちゃドル(=ぽっちゃりアイドルの略)」と言われるほどになりました。

「趣味はダイエット、特技はリバウンド」というキャッチフレーズの通り、ジャニーズの中では珍しく(?)体格の良さを売りにしている、まさに新境地のアイドルといえます。

そんな桐山照史さんの出身地は大阪府東大阪市とされており、家族構成は両親と4歳上のお兄さんの4人家族です。

また、犬を一匹飼っており、「シーサー」と名付けて溺愛していることも有名です。

度々、公式Webの連載等で家族旅行をしたり、大阪で家族に会ったりしたことを報告しているので、仲の良い家族であることが伺えますね。

桐山照史さんは非常に人懐っこい性格であることをメンバーから証言されていますが、それは温かい家族の中で末っ子として可愛がられて育った影響もあるのかもしれません。

また涙もろい一面もあり、メンバー全員で最年少である小瀧望さんの20歳の誕生日会を開いた際に、メンバー愛を感じるエピソードを耳にして泣いていた話はファンの間では有名です。

この話には続きがあり、後にメンバーの神山智洋さんからは「のんちゃん(=小瀧望)の20歳の誕生日の後、照史からグループメールに『今日は泣いてごめんな』ってメールがきた」と暴露されています。

桐山照史さんの涙もろいエピソードは尽きませんが、情に熱く、繊細な人だということを強く感じます。

人間味あふれる人柄だからこそ、多くの人に愛されているのですね!

【スポンサードリンク】



桐山照史の中学・高校・大学と偏差値は?

引用:http://nm1205.hateblo.jp/category/ジャニーズWEST?page=1426258790

桐山照史さんの出身中学は、東大阪市立英田(あかだ)中学校です。

そして、出身高校は私立の興國高校です。

興國高校は大阪市天王寺区に立地する私立の男子校で、偏差値は38です。

運動部の活躍が目覚ましく多くのアスリートを輩出している一方で、桐山照史さんのように芸能活動との両立を図る学生も多くいるそうです。

学科は普通科とIT科に分かれており、普通科の中には4つのコースがありますが、桐山照史さんは普通科のキャリアトライコースであったとされています。

キャリアトライコースは「幼稚園・小学校・中学校教育のプロを目指す」コースとされており、保育資格・教員免許が取れる大学への指定校推薦も用意されています。

高校卒業後、桐山照史さんは偏差値35~40の大阪産業大学に進学したとされていますが、学部や学科は明らかになっていません。

ちなみに高校時代に保育を学んだことは、ラジオで子育てに悩むリスナーからのお便りに応える「ちびジャス相談室」というコーナーで活かされています。

他のメンバーが思わず「子どもいる?」と聞いてしまうほど、桐山照史さんの回答は的確なものであり、ファンからも好印象を持たれているのです。

「ジャニーズWESTに入っていなかったら、幼稚園の先生になりたかった」と言うほど、子ども好きな桐山照史さん。

将来はきっといいお父さんになること間違いなさそうですね。

【スポンサードリンク】


桐山照史の学生時代のエピソードは?

引用:https://prcm.jp/album/e6726f3d110eb/pic/51949818

桐山照史さんは中学校ではバスケ部に所属していたという噂もありますが、正確な情報はありません。

しかし、高校では芸能活動がより本格的になったためか、確実に部活には所属していなかったみたいですね。

13歳でジャニーズ事務所に入所し、中間淳太さんのユニットであるB.A.Dが結成され、長い間関西ジャニーズJr.を引っ張ってきた桐山照史さん。

仕事と学校の両立は非常に大変だったでしょうね。

【スポンサードリンク】



桐山照史の入所日・デビューのきっかけは?

引用:http://iam-publicidad.org/article/ジャニーズwest桐山照史さんのかっこいい高画質画

桐山照史さんの入所日は2002年7月です。

同じグループのメンバーである濵田崇裕さんと同期です。

桐山照史さんは入所当時13歳でしたが、幼稚園の卒園と同時にダンスを習い始めており、歌やダンスが大好きで目立ちたがり屋な少年でした。

そんな桐山照史さんが「芸能界に入ろう」と決意を固めたのは、小学3年生頃だったそうです。

担任の先生に「SMAPになる!」と言ったところ、「照史じゃ無理だよ~!」と笑ってはぐらかされたことから、「絶対に芸能界に入ってやる!」と火が付いたそうです。

しかしジャニーズ事務所に入所したものの、デビューまでの道のりは長いものでした

入所してまもなく中間淳太さんとB.A.Dというユニットを組み、関西ジャニーズJr.を引っ張っていく存在になった桐山照史さん。

しかし、後輩のSexyZoneや同期のKis-My-Ft2がデビューしていき、度々ジャニーズ事務所を退所することも考えたそうです。

そして、2013年5月に「ここで断られたら、もうデビューは無理だ」という思いを抱いて、中間さんと濵田さんと一緒に、「デビューをさせてください」とジャニーさんに直談判をしています。

念願のデビューが決まったのは、その翌日でした。

それからメンバー編成に関して紆余曲折を経て、2014年2月にジャニーズWESTは現在のメンバーでデビューすることになるのです。

「負けず嫌いを煽ってくれた担任の先生には感謝している」と桐山照史さんは雑誌のインタビューで答えていました。

桐山照史さんの根底にあるその負けず嫌いさが、様々なジャンルで活躍できる糧となっているのですね!

まとめ

今回は桐山照史さんについて紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

「人とは違うことをしたい」という思いを抱き、ジャニーズの扉を叩いた桐山照史さん。

関西ジャニーズJr.時代に磨き続けた歌唱力と演技力、そしてトーク力を伸ばし、デビューしてからも幅広い分野で活躍をしています。

・桐山照史さんは2人兄弟の末っ子であり、人懐っこい性格で涙もろく繊細な人

・高校では保育を学び、最終学歴は大阪産業大学

・学生時代は仕事との両立で忙しい日々を過ごしていた

・「芸能人になってやる」と思ったきっかけは、担任の先生の一言

ということが分かりました。

これからさらに活動の幅を広げて活躍していく桐山照史さんから目が離せませんね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓に関連する記事も用意していますので合わせてチェックしてみてください!

コメントを残す

CAPTCHA