小瀧望のおすすめ映画ランキング!役柄と見どころを徹底紹介!

ルリ
ジャニーズWESTの小瀧望さんって、たくさんのドラマに出演していて、演技が上手いって好評ですよね~!
ミキ
そうだね~♪小瀧望さんといえば、今年は主演映画も公開されていたよね。
ルリ
「プリンシパル」ですね!小瀧望さん出演の映画は他にもおすすめのものがたくさんありますよ♪
ミキ
他にはどんな映画に出演していたんだろう~?
ルリ
では小瀧望さんが出演されていた映画をご紹介させて頂きますね!早速見ていきましょう~。


小瀧望のおすすめ映画第3位 「劇場版 仮面ティーチャー」(2014年)

〔あらすじ〕

江夏千景が大学進学費用を稼ぐためにキャバクラでアルバイトをしていることを知った担任の市村美樹は、彼女を救おうと一人キャバクラに向かうが黒服と揉めてしまう。武原金造や銀の仮面ティーチャーの助けもあって一命を取り留めた二人だったが、この事件は新聞などで大きく報道されてしまった。教育省事務次官の御堂信彦は今回の騒動は教育省局長である飯倉塁の生温い政策が元凶だと言い切り、とある教師達を華空学院に派遣する。その教師達の一人には、かつて荒木剛太の担任として愛ある拳での指導を行ってきた羅門公平がいた。しかし現在の彼にはかつての面影は全くなく、「指導」と称する暴力で生徒たちを支配する教師となっていた。さらには羅門と共に赴任してきた阿南塔子の発案により新生徒会が発足され学院内は常に誰かに監視された状態となる。これに対して怒りを露わにした金造や草薙圭吾は羅門達に戦いを挑む。一方剛太は、かつて羅門が自身を救ってくれたように、今度は自分が羅門を救おうと決心するのであった。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

連続ドラマ「仮面ティーチャー」の半年後の後日談として映画化された作品です。

主演はKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんで、当時まだ関西ジャニーズJr.だった小瀧望さんは新生徒会の生徒会長役を演じています。

生徒会長と聞くと一見爽やかな役に思えますが、警棒を振りかざし「指導指導」と連呼する少し変わった役柄で印象的でした♪

ちなみにこの作品には藤ヶ谷太輔さん、小瀧望さん以外にも菊池風磨さん、岸優太さん、京本大我さんなどジャニーズの方が多く出演されているんです!

4年前の映画ですが、現在人気のある方がたくさん出演していますので、ジャニーズのファンの方は見る価値ありですよ♪

以下、みなさんの感想をご紹介します!

 

小瀧望のおすすめ映画 第2位 「近キョリ恋愛」(2014年)

〔予告動画〕

〔あらすじ〕

どんなときも表情を崩さない超クールな天才女子高生・枢木ゆに(小松菜奈)。
成績は常に学年No.1だが、英語だけが苦手。赴任してきたばかりの史上最強の男前 ツンデレ英語教師・櫻井ハルカ(山下智久)に放課後二人っきりの特別補習授業を言い渡されてしまう。感情表現が苦手なゆには、自信満々でツンデレのハルカが大嫌いだったが、常に気持ちを抑えて強がっている自分をあっさり見抜かれ、心を乱されていく……。

数学教師でゆにの保護者がわりの明智数馬(新井浩文)は、ゆにが情緒不安定になっていることに気づき、ハルカとの補習を強制的に終了させる。補習がなくなり嬉しいはずなのに、なぜか寂しさを覚えるゆに。「大嫌いなのに、冷たくされると悲しい。顔も見たくないって思ってるのに、会えないと寂しい……」。胸がゆらゆらすると言うゆにに、親友・ナミ(山本美月)が、それは“恋”だと教える。初めての感情に戸惑うゆには、“恋”について一生懸命勉強し、恋愛指南書に背中を押され告白することを決意。ハルカの授業が始まる直前、教壇の下にもぐりこみ、思いを記したノートを開いて見せる。ゆにの健気な表情とひたむきさに心惹かれ、衝動的にキスをしてしまうハルカ。その様子を、ハルカの元カノでゆにの新担任・瀧沢美麗(水川あさみ)が見ていた……。許されない恋だとわかっていながら、想いをとめられないハルカとゆに。2人を引き離そうとする数馬や美麗、ゆにに想いをよせる元ヤンキーでパティシエ志望の的場 竜(小瀧 望)の存在が、2人のキョリを不安定にしていく。そんな中、ゆにに留学の話が持ち上がる。ハルカはゆにの将来を考え「お前のことは好きじゃない」と 嘘をついて突き放す。傷ついたゆには、何も知らずに遠い外国へと旅立っていく。まっすぐに想い合うあまりにすれ違い、遠く離れてしまったハルカとゆに。2人の“運命の恋”の行方はー。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2139822129068277201

少女漫画が原作のこの作品は、女の子のキュンとする要素を詰め込んだ作品になっています♪

山下智久さんによる壁ドン、顎クイ、教団の下に隠れてキスという胸キュンポイント満載の作品と評判です。

小瀧望さんは小松菜奈さん演じる主人公ゆにに思いを寄せる元ヤンキー、的場 竜を演じています。

登場シーンは多くはないのですが、主人公に思いを告白したり山下智久さん演じる教師のハルカを殴ったりと印象に残るシーンが多いです!

山下智久さん演じるハルカもとてもかっこいいのですが、小瀧望さん演じる的場も男らしくてかっこいいです。

こんな魅力的な男性二人に取り合われる正しく少女漫画的なシチュエーションを味わえる映画ですね♪

以下、みなさんの感想をご紹介します!

https://twitter.com/pyui_hayate0203/status/801101234799144960

https://twitter.com/__RYO___KARIN__/status/743875102081585152

【スポンサードリンク】

小瀧望のおすすめ映画 第1位「 プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」(2018年)

〔予告動画〕

〔あらすじ〕

両親の離婚、母親の再婚相手とはギクシャク、そして入学したばかりの女子校では些細なことでハブられてしまった住友糸真。実の父親を頼りに東京から北海道・札幌へと引っ越しを決意する。新たな学校で彼女を待っていたのは学校で一、二位を争うタイプが真逆のモテ男子・舘林弦と桜井和央だった。女子の間では「弦と和央はみんなのもの」というルールがあり、もし抜け駆けしようとするものがいればハブの対象になってしまう。そんなことを知りつつも、なぜか糸真と弦、和央との距離が縮まっていく。両親のこともあり恋愛には興味がなくなっていたのに、恋に落ちそう!このままでは折角、心機一転で新しい環境に飛び込んだにも関わらず同じことが繰り返されてしまうー。果たして、糸真は恋の主役を勝ち取ることができるのかー!

引用:https://filmarks.com/movies/72437

こちらも少女漫画が原作の作品です。

原作は累計発行部数120万冊を超える、いくえみりょうさんの人気漫画ですので映画化が決まった際から注目されていました。

小瀧望さんはイケメン俺様男子の弦を演じています。

小瀧望さんはこの作品が初主演映画で、役作りの為に体重を落としたり食事制限をするなど今まで以上に力を入れて臨んだ作品だそうです。

弦は学校一のモテ男子という設定ですが、小瀧望さんにぴったりの役柄ですよね!

主題歌は小瀧望さんのグループ、ジャニーズWESTの「プリンシパルの君へ」です♪

 

以下、みなさんの感想をご紹介します!

https://twitter.com/kabebanban/status/1076058514215165952

https://twitter.com/ann____oO/status/978385255039029248

まとめ

それでは今回の内容をまとめます。

・小瀧望のおすすめ映画第3位 「劇場版 仮面ティーチャー」(2014年)

・小瀧望のおすすめ映画第2位 「近キョリ恋愛」(2014年)

・小瀧望のおすすめ映画 第1位「 プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」(2018年)

やはりおすすめ映画の1位は小瀧望さん主演映画の「 プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜」ですね!

ドラマだけではなく映画の出演作品も着々と増え、俳優としての幅も広がる一方の小瀧望さん。

今後も小瀧望さんの活躍を応援しています♪

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます!

【スポンサードリンク】